格安スマホおすすめナビ

キャリアスマホと格安スマホの比較

キャリアスマホと格安スマホの料金比較



日本のスマートフォンは高い?
◇キャリアと格安スマホの比較
格安スマホが安い理由


!キャリアスマホと格安スマホの比較


従来キャリアのスマホ料金を図にすると以下のようになります。

キャリアの料金形態図


定額パケット代と通話定額等を利用して約7000円
(オプションはこの際考慮しません)
その中に機種代が含まれて実質0円

2年後....

機種代は償却できたし、その分安くなるかなと思いきや
しっかりと同額が請求されます。


2年後のキャリア料金形態図


この時点で普通に
「機種代の3000円が償却できるとするのなら長く使うユーザーに対してのなんらかのメリットは?」
と思ってしまいますし、「長く使うより乗り換えたほうが得」「乗り換えたいけど違約金が...」というのも考え物です。


「機種代0円」商法はマクロ的には活性化等の利点があるとしても契約時/契約中の案内不備もあり、あまり良いイメージではありません。

サービスとして機種代を割引にしていても周知が徹底されていないと普通に誤解されますし、更新月以外での違約金発生は
更新案内も無い中で発生する金額として問題視されました。

結果として
「無理につきあわされている気がする」という気分の問題で、ユーザーとして「良心的とは思えない」という方も多かったと思います。



一転して格安スマホの料金形態は

格安スマホの料金形態


新規にスマホ本体込みで申し込むと約3300円+通話料α。
SIMのみで手持ちのスマホを利用すると約1300円+通話料α。

通話料は定額制ではなく使った分の請求となる為、ヘビーユーザーはキャリアの金額よりも高くなる可能性もあります。

ただ、MVNOも競争があり、通話料負担をできるだけ抑える為のサービスを展開しています。


例)通話料を安くする方法 MVNO割引比較

楽天モバイル・・・アプリ使用時は半額
BIGLOBEスマホ・・・月額650円で国内通話が最大60分半額
IIJmio・・・みおふぉんダイヤル使用時は10円/30秒
U-mobile・・・U-CALL使用時は半額
Y'mobile・・・10分以内の通話月300回まで無料


上記のようにユーザーには嬉しいフレキシブルな選択肢が用意されています。


2年後を比較してみると

2年後のキャリアと格安スマホの料金比較図


ライトユーザーの方ならパケット定額ほど(7GB)容量は必要としない為、1GB契約でMVNOの通話サービスを利用すれば3分の1以下となります。※1GBの目安はコチラ

シムフリースマートフォンをお持ちの方なら2年待つまでもなく即効この価格帯です。


でもなぜこんなに安いのでしょう
次ページ>格安スマホが安い理由




おすすめMVNO



!人気のMVNOはコチラ

ポイント LINEモバイル
後発組ながら、SNS系フリーで確実に人気と好評価を得てきたMVNO。

ポイント BIGLOBEスマホ
老舗ISPで機能強化、回線強化は随時実施。安定と安心を買えるMVNO。

ポイント 楽天モバイル
さまざまなキャンペーンを随時行っていて楽天ポイントも貯まりやすいし、会員にはオススメ。

ポイント DMM mobile
DMMモバイルは全プランで最安となっており格安スマホ/格安SIMの代表格です。

ポイント mineo(マイネオ)
対応端末は約250種類で端末とのセット購入もあり。auユーザーの選択肢として最優先。




MVNOの格安スマホ比較

  

グループサイトからのデータを抽出してユーザー数、満足度、人気の高いMVNOを選出しています。



  

スマートフォンは賢く安く使う時代です。格安スマホのアレコレ!



ガイダンス


格安スマホnaviへようこそ。
ようやく認知度が高まってきた格安スマホですが、導入はまだまだこれから!賢い方はキャリアと併用、データ通信専用、まるごと引越しetc格安スマホをどんどん活用しています。この機会にぜひ検討してみましょう!